So-net無料ブログ作成
おススメ人気記事!

痰(タン)の切りかた こんな方法 特選27

 ⇒アレルギー性鼻炎、花粉症、喘息を根本的に治す方法

 ⇒咳の止め方 こんな方法 厳選18

 ⇒マーガリンを食べてはいけない理由 トランス脂肪酸の危険性

 ⇒男性は射精の回数を減らさないとやばい

 ⇒格闘家ヴァンダレイ・シウバが整形でとんでもない顔に!?

 ⇒押尾学も悲鳴!蔓延する刑務所内イジメ

 ⇒[画像あり]香里奈、流出したベッド写真 股間に手

阪神 西岡選手 守備妨害 真相 本人のコメント


arerugi-.jpg hannsinn002.jpg

さて、今年の日本シリーズは、最後、阪神・西岡選手の「守備妨害」
という判定で、幕を閉じましたが、

昨日その詳しいことについては↓こちらで書きましたが

[解説]日本シリーズ 阪神 西岡 守備妨害で併殺 真相

この「守備妨害」について、西岡選手本人が、フェイスブックで、コメントしています。
以下引用です。

「打った瞬間、僕はゲッツー(ダブルプレー)を確信しました」

「ルールで内側に入って送球が当たれば守備妨害は百も承知です!ルールを知った上で打った瞬間ゲッツーになると思ったので、少しの可能性にかけて内側から外側に走って行くものを、ライン上スレスレを走って体に当たれと思いながら走ってました!僕は送球が当たるときに足が外側にあればいいと思って走ったので、僕なりにルール上ギリギリのプレーはしたつもりでした!」

「この考えにも賛否があると思いますが、正直に伝えたいからフェイスブックでコメントさせていただきました。いろんな意見ありますが全て受け止める覚悟です!」

「最後の最後に喜ばすことができなかった今の自分の力に悔しさだけです。優勝できなかったのは全ての責任があります!だから同情しなくていいです!ボロクソ言ってくれていいです!!僕らはプロの世界で生きていて、球場に見に来てチケットやグッズを買ってもらったおかげで給料をもらい、生きています!だからどんな言葉でも受け止めます。僕の責任です」

ということで、本人も、守備妨害になる可能性も考えつつ、
どうせこのままではダブルプレーで試合終了になる、せめて、少しでも確率のある方へ、、
生きる方法を野球選手として本能的に判断して、ラインぎりぎりを走ったということみたいですね。

まあ、普通の試合でも、ダブルプレーになりそうなとき、1塁から2塁に走る選手が、2塁手の正面に
はしって、スライディングなどで体勢を崩させて、ダブルプレーを阻止しようとするのは
暗黙の了解的に、多くの選手がやることで、

あの、張本さんも、「喝!」のコーナーで、普段、そういうプレーに対して、
「みんな、野球選手は、ダブルプレーの時阻止しようと、スライディングしますよ」という感じの事を
言っているので、

野球界で、それは選手としては「当然」とまではいわないまでも、仕方ないよね
という感じのプレーのようですから、今回の西岡選手のプレーも、

場面的に、明らかに故意であるという審判の判断も妥当だと思いますし、
西岡選手の気持ち、意図も、仕方のないことという感じもします。

Sponsored Link

このサイトではこんな記事も読まれています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。